お気軽にお問合せください

キッズプログラミング&エンジニアリング教室
STEMONとは

STEMONとは

STEMONは、幼児・小学生がものづくりを通じて物理やエンジニアリング、プログラムを学ぶ次世代型STEM教育スクールです。
テクノロジーを活用して、「問題解決できる人」「表現ができる人」「イノベーションを起こせる人」を育みます。

1.日本初のSTEM専門学習スクール

Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)に特化した日本初の学習スクール

2.ものづくりを通じて学ぶ

一般的なプリント学習による知識重視型の学習ではなく、ものづくりを通じて学ぶ創造型の学習スタイル

3.公教育実績のあるプログラミング教育

2015年多摩市立にて小学3,4,5,6年生を対象に15時間ずつ担当。実績NO.1のプログラミング教育カリキュラム

ステモンでプログラミングを学ぶメリット

「スクラッチ」や「スクラッチ・ジュニア」は、家庭用のタブレットやPCでも簡単に使うことが出来るソフトです。
家庭とは違い、ステモンでは体系的にプログラミングを学べる教材や仕組みを用意しています。

1.開発責任者がプログラミング教育の第一人者石原正雄

ステモンのカリキュラム開発責任者である石原正雄は、スクラッチの開発・普及にも携わった者で、スクラッチに関する著書も多数あります。
その石原が開発・監修しているテキストを使ったレッスンなので、ただの遊びではなく体系的な学びにつながる内容となっています。

2.ジュニア・プログラミング検定があるジュニア・プログラミング検定

1年間レッスンを修了する際に、今ままで学んできたことを振返り再度知識を定着させることを目的に、ステモン独自の検定制度「ジュニア・プログラミング検定」試験を行っています。「もっとプログラミングを学びたい」という子どもたちの知的好奇心を養う仕組みがあります。

3.公教育にも取り入れられた実績がある教室風景

ステモンのカリキュラムやメソッドは、公立小学校でも取り入れられた実績があります。東京都の多摩市立愛和小学校、小金井市立前原小学校を始め、本年度から大阪市の大阪市立森ノ宮小学校でも教師向けの研修を担っています。
初等教育におけるプログラミング教育のあるべき形を、現場の先生たちと共に模索し積み上げてきた実績があります。

4.スキルを高めることだけを目的にしていない授業風景

ステモンのプログラミングレッスンは、あくまでもカリキュラムの一部であり、他のプログラミング教室のように、プログラミングスキルを高めることだけを目的としていません。
この年代の子どもたちに、プログラミングレッスンを行うことで、集中して課題に取り組む力や、論理的思考力の基礎を養いたいと考えカリキュラムを開発しています。

世界最高水準のSTEM教育を実現する3つの学習理論

マサチューセッツ州 児童理工カリキュラム

世界最高水準のカリキュラムを全て翻訳し、STEMONカリキュラムを導入しました。

英国プログラミング教育の思想を反映

英国のプログラミング教育思想を反映。
文部科学省も英国を参考に学習指導要領を策定しています。

新学習指導要領(2020年施行)

2020年に移行する新しい学習指導要領を精査し、理科「物量・エネルギー」の領域をカバー。