求められるコミュニケーション能力

こんにちは、ANDゼミナール(アンドゼミナール)です。ANDゼミナール(アンドゼミナール)は日本橋人形町にある塾です。気になる記事を見つけました。

 

経団連が新卒採用調査、企業が重視する2位「主体性」16年連続1位は?
(リセマム)

 

今回は経団連がおこなった新卒採用において企業が重視することに関する調査について紹介します。企業が一番重視する点として挙げたのが、「コミュニケーション能力」で82.4%にものぼります。次いで「主体性」、「チャレンジ精神」と続きます。「コミュニケーション能力」と答えている企業は8割以上もあり、16年連続で一位ということは、企業側としてはそれだけ社員のコミュニケーション能力の低下を実感しているからではないでしょうか。一口にコミュニケーション能力と言ってもシチュエーションによって求められるスキルは違ってきますし、これから就職活動を始めようというときに身に着けよう思ってもなかなか一朝一夕にできるものではありません。もともとの性格も影響しますし、誰かに教わって身につけるというものでもないので社会人になってから苦労している人も多くいると思います。かく言う私も決してコミュニケーション能力が高いわけではないので、できる人が羨ましく感じてしまいます。

 

コミュニケーション能力とは

 

ではいざ就職となった時に困らないようにするためにはどうすればいいのでしょうか。仕事だけに限らずあらゆる場面で必要になる能力でもあるので、ぜひ子どもうちから鍛えておきたいものです。ここで一度「コミュニケーション能力」が具体的にどのようなことを指しているのか整理したいと思います。大きく分けるとこの3つに集約されます。

・伝える力

「書く」、「話す」など相手に伝える能力のことを指します。こちらの伝えたいことを一方的に言うだけでは何の意味もないので、ただ伝えるだけではなく相手に正確かつ効果的に伝えることが重要です。

 

・受け取る力

「読む」、「聞く」、「メモを取る」など相手の意図を受け取る能力のことを指します。相手が一生懸命に伝えようと努力していても、こちらが相手の意図を理解できていないようではいけません。理解するために積極的に質問することも大事です。

 

・非言語的コミュニケーション能力

言語的な要素以外のこと、いわゆる「空気を読む」といった能力のことを指します。同じ言葉を言っていても声のトーンや表情によって相手への伝わり方は大きく変わってきます。この能力は「伝える能力」、「受け取る能力」どちらにおいても役立ちます。

 

以上の3つは学校で習うような類のものではないし当たり前ことではありますが、仕事や日常生活の中でこの3つの能力を最大限に発揮できているという方は少ないのではないでしょうか。もちろん人によって得意不得意はあるので、すべての人が完璧にできるわけはありませんし、大切なのはこの3つのことを意識して得意のものはどんどん生かして伸ばしていけばいいし、苦手のものは相手ときちんと意思疎通が取れているかどうか気を付けながらコミュニケーションをとらなければいけないということです。

 

子どものうちからできること

コミュニケーション能力についてはよく分かりましたが、では能力を高めるためには子どものうちからどのようなことをすればいいのでしょうか。まず親ができることとしては子どもの話をできるだけしっかりと聞いてあげることです。子どもも親が自分の話をきちっと聞いてくれると分かると話し方などを考えながら話してくれるようになります。例えば子どもが何かほしいものがあって買ってほしいとお願いされたとします。そういう時にたとえ買ってあげるつもりがなくても頭ごなしに否定するのではなく、「なぜ買ってほしいのか」「どうして必要なのか」など子どもに一度、理由を説明をさせてみるというのも効果的な方法のひとつです。子どもは買ってほしいがためにいろいろと説得するための理由を考えながら話してくれると思います。これは言わばプレゼンテーションのようなものなので、この能力を鍛えれば将来きっと役立つはずです。

 

もう一つは親の話を子どもに聞かせるということです。とは言っても子どもはなかなか親の言うことは聞いてくれないですし、長々と話しをしてもちゃんと聞いていられないことも多いと思います。ですが、先述したように親がきちんと子どもの話を聞いてあげることができていれば、自ずと子どもも話を聞いてくれるようになるのではないでしょうか。大切なのは子どもだからといって言いくるめるような対応をするのではなく大人と同じように真剣に向き合う姿勢をこちらが見せれば子どもも応えてくれるはずです。日頃からそのような環境を家庭の中で作ることができれば、自然とコミュニケーション能力は鍛えられると思います。

 

参考資料
コミュニケーション能力とは? 定義、要素、目的、種類、高め方、評価について
https://www.kaonavi.jp/dictionary/communication-skills/
知っておくといいかも?子どものコミュニケーション能力を高める7つのポイント
https://mamanoko.jp/articles/10821

 

 

◆お問い合わせはこちら
ANDゼミナール(運営:モイライビジネス株式会社)
メール:info@and-sem.jp
電話 :03-6860-4021
住所 :〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町1-19-3島村ビル3F
営業時間:15:00~22:00(日・祝はお休み)

◆公式Facebookページ 「ANDゼミナール日本橋人形町校」
https://www.facebook.com/andsem/
※教育・塾のニュースや、キャンペーン・授業風景・STEM教育・国語・算数・英語など随時更新中♪