自然と触れ合うことの大切さ

こんにちは、ANDゼミナール(アンドゼミナール)です。ANDゼミナール(アンドゼミナール)は日本橋人形町にある塾です。気になる記事を見つけました。

 

子どもの自然離れ、親子の興味関心が影響…白鴎大研究チーム
(リセマム)

 

今回は白鴎大学の研究チームによる子どもの自然体験に関する調査ついてのご紹介です。この調査は小学5年生と6年生を対象に行われたもので毎日公園や河川敷などで自然に触れていると回答したのは約7%で、一方全く触れる機会がないと回答した方が20%いました。現代の子どもたちは周りに自然と触れ合えるような公園がなかったり、そもそも習い事などに時間を取られて遊ぶ時間がなかったりと以前と比べて自然と触れ合う機会が少なくなっていくのは当然だと思います。また外遊び以外のゲームやSNSなど他の選択肢が増えたことも関係していると考えられます。

 

自然に触れることの利点

 

保護者としてはスマホやゲームばかり触っていないで外で友達と遊ぶ時間を増やしてほしいと考えておられる方も多いのではないでしょうか。日常的に自然と触れ合うことには様々な効果が期待できます。現代の子供たちは近くに自然と触れ合えるような公園がなかったり、遊ぶ時間が少なくなってきているのでわざわざそういう機会を作るのは難しいかもしれませんが、そんな子どもたちこそ日常では味わえない体験をすることが大切だと思います。また自然に多く触れている子どもはそうでない子どもに比べて、正義感が強い傾向にあるという調査結果もあります。人工の物ではなく自然という時には危険で人間の都合のいいようにはできていない物に接することでうまくいかない時にどうすればよいかと考えながら自然との向き合い方を学んでいくことが子どもの成長につながっていると推察されます。

 

 

◆お問い合わせはこちら
ANDゼミナール(運営:モイライビジネス株式会社)
メール:info@and-sem.jp
電話 :03-6860-4021
住所 :〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町1-19-3島村ビル3F
営業時間:15:00~22:00(日・祝はお休み)

◆公式Facebookページ 「ANDゼミナール日本橋人形町校」
https://www.facebook.com/andsem/
※教育・塾のニュースや、キャンペーン・授業風景・STEM教育・国語・算数・英語など随時更新中♪