保護者の8割以上「外遊び」減少を実感…公園ルールなど環境面も影響

こんにちは、ANDゼミナール(アンドゼミナール)です。ANDゼミナール(アンドゼミナール)は日本橋人形町にある塾です。気になる記事を見つけました。

 

保護者の8割以上「外遊び」減少を実感…公園ルールなど環境面も影響
(リセマム)

 

今回は「アクティブキッズフェスタ」を主催するYBP PROJECTがおこなった子どもの「外遊び」と「スポーツ」に関する調査についてのご紹介です。保護者に自身の子どもの頃と比べて、子どもの外遊びの機会が減少していると感じるかという質問に対して86.3%が「はい」と回答しました。減少した理由としては「テレビゲームなど室内で遊ぶ機会が増えた」や習い事、「遊ぶ場所が減った」が挙がりました。スポーツに関しては86.7%の子どもが何かのスポーツをしていると回答しました。

 

外遊びの機会が減少していると感じている保護者が多いなか、外遊びが子どもにとって大切だと思うかという質問に対しては回答者全員が「そう思う」と答えています。文部科学省からも幼児は「1日60分以上、体を動かす」ことが望ましいという指針が出されています。文部科学省の「幼児期運動指針ガイドブック」によると幼児期における運動の大切さとして、「体力・運動能力の向上」「健康的な体作り」、「意欲的に取り組む姿勢」、「協調性などのコミュニケーション能力」、「認知的能力の発達」などが期待されるそうです。このように心と体の成長には大切な外遊びですが、ただ子どもを外で遊ばせればそれでいいということではありません。大事なのはいろんな人と一緒になってなって遊ぶことで自然に集団の中でのルールを覚えたり、コミュニケーションの取り方を学ぶことです。

参考資料
幼児期運動指針ガイドブック
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/sports/detail/__icsFiles/afieldfile/2012/05/11/1319748_5_1.pdf
こどもまなびラボ
https://kodomo-manabi-labo.net/playing-outside

 

 

◆お問い合わせはこちら
ANDゼミナール(運営:モイライビジネス株式会社)
メール:info@and-sem.jp
電話 :03-6860-4021
住所 :〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町1-19-3島村ビル3F
営業時間:15:00~22:00(日・祝はお休み)

◆公式Facebookページ 「ANDゼミナール日本橋人形町校」
https://www.facebook.com/andsem/
※教育・塾のニュースや、キャンペーン・授業風景・STEM教育・国語・算数・英語など随時更新中♪