日本橋人形町校【子どもの熱中症対策】

 

こんにちは、ANDゼミナール(アンドゼミナール)日本橋人形町校です。

毎日暑い日が続いていますね。今年は例年に比べて特に暑く感じます。
ここまで暑い日が続くと外で子どもたちを遊ばせるのは、熱中症の危険があるのでとても心配ではないでしょうか。熱中症の危険は心配ですが、だからと言って子どもたちを外で遊ばせられないというのもかわいそうな気がします。夏休みに入ると外で遊ぶ機会も多くなると思うので、熱中症対策についてまとめてみました。

 

まず熱中症とは、高温多湿な環境に、私たちの身体が適応できないことで生じるさまざまな症状の総称です。以下のような症状が出たら、熱中症にかかっている危険性があります。

・めまい
・筋肉痛
・体のだるさ
・体温が高い
などがあげられます。

 

 

特にこどもは熱中症にかかりやすいので注意が必要です。
理由としては大人に比べて子どもは体温調節機能が発達しておらず、夏の暑さにうまく対応ができないということと身長が低いので地面からの照り返しがより暑く感じるということが考えられます。大人の感覚で「これぐらいなら大丈夫だろう」と判断してしまうのはとても危険です。常にこどもは熱中症の危険にさらされているという意識を持つことが重要です。

 

また今年は特に暑く、学校での熱中症も多く聞かれました。
これまで以上の対策が学校には求められています。しかし現状では、多くの小中学校で教室へのクーラーの設置がまだまだ進んでいません。「クーラーは贅沢品だ」などという古い考えの意見も一部であるようですが、この暑さを考えればクーラーの設置は必要になってきています。

 

 

では家庭ではどんな熱中症対策ができるの具体的にご紹介したいと思います。

・気温が32℃以上になるような場合はできるだけ外出を避ける

どうしても外出しなければいけないような時を除いて気温の高い日はできるだけ屋内

で過ごすことをおすすめします。

 

・こまめな水分補給

外出の際は常に水やお茶を持参して、いつでも飲める状態にすることが重要です。
さらには体への吸収が早い経口補水液も有効です。

 

・普段から暑さに慣れさせる

日頃クーラーの効いた涼しい部屋で過ごしていて、いきなり炎天下の中何時間も外にい
ると、当然熱中症のリスクは高くなります。少しずつ暑さにならしていくことが大切で
す。

 

・健康な体作り

バランスの取れた食事を心がけてしっかりと睡眠をとりましょう

 

夏休みは子供たちに元気いっぱい楽しんでほしいので熱中症には気を付けながら暑い夏を乗り切りましょう

 

ANDゼミナールお申し込みはこちら

 


◆お問合せ
メ ー ル:info@and-sem.jp
電  話:03-6860-4021
運営会社:ANDゼミナール(モイライビジネス株式会社)
住  所:〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町1-19-3島村ビル3F
営業時間:15:00~22:00迄(日祝はお休み)

 

◆Facebookページ「ANDゼミナール日本橋人形町校」ぜひ「いいね!」を!
https://www.facebook.com/andsem/
※教育・塾のニュースや、キャンペーン・授業風景・STEM教育・国語・算数・英語など随時更新中♪