日本橋人形町校【読書感想文レポート①】


こんにちは、ANDゼミナール(アンドゼミナール)日本橋人形町校です。
暑い日が続きますね。お子様は夏休みに入りましたね!
夏休みに入ってから、夏休み特別教室がスタートし生徒が午前中から登校するようになりました。
この猛暑に生徒も汗だくで来て、教室は涼しいから!という理由もあり(笑)
楽しくお勉強や宿題に励んでおります!

 

さて、今回は夏休み特別教室の企画のひとつの『読書感想文』の授業の様子をお伝えいたします。

【STEP1】専門講師によるカウンセリング

カウンセリングといってもそんなに難しい質問はありません。
先ずは本人に本に対する苦手意識がないか、本が好きか嫌いか、
普段どんなことに興味があるのかなどコミュニケーションを取ります。

 

初めての場所でいきなり勉強では緊張しますものね。
これはこれから勉強する硬い凝りをほぐすアイスブレイクと本選びのポイントとなります。
また、全ての緊張感を取り除くのではなく程よい緊張感を残し勉強に集中していただくのもポイントです。

【STEP2】本選び

実は読書感想文を完成させるために、本選びは重要なポイントとなります。
『何故この本を選んだのか?』この動機を読書感想文に書いていきます。
※お子さまはそんなことは知らず、迷いに迷っています(笑)

【STEP3】読書

約2時間かけて読書をします。普段読み慣れていないお子さまでも集中して読書に没頭しています。

 

読み始めがこちら。

 

1時間後がこちら。

 

このように姿勢も変わらず、集中力も持続しています。

何故普段良い慣れていなお子さまが集中ができるのか以下にまとめました。

<POINT1> 背もたれのない椅子

これは基本的に身体を自立して座るように設計されているもので、座る姿勢が良くなっていきます。
また、ひざや足の裏が固定されることでリラックスして座れる仕様になっています。
※集中力がある子や勉強ができる子は統計上、姿勢が良い子だというお話しがあります。

<POINT2> 聞きながら読む

本は読むしかありません。しかし、まだ読めない赤ちゃんに対してどうやっていたでしょうか?
それは読み聞かせです。タブレットからプロのナレーターの音声で聞き、情緒ある音読で読書をリードしてスムーズに行える仕組みです。分からない言葉があっても、この情緒でサポートし「悲しいのか」「怒っているのか」「楽しいのか」を理解できます。
また、文章を活字で読めるように、どこで区切るのかもサポートできます。

<POINT3> 環境を用意

集中して読むというのは元気にお子さまにとって、とてもストレスな事だと思います。
大きな声で笑うのが楽しい、元気いっぱい走り回るのが楽しい。その全く逆ですからね。
お家の中は全ての行動がある意味許されている環境なので、大人しくすることに慣れていないお子さまにとって難しいですよね。

 

 

ANDゼミナールはことばの学校というカリキュラムを導入しておりまして、150種類以上の書籍をプロのナレーターが読み聞かせをしてくれます。本の章や単元ごとに短くトラックに分けられており集中力が持続できます。

 

毎年夏休みの宿題をお家で読書感想文をやっていましたが、どうも家で宿題やお勉強が集中できない。
そもそも本を読む習慣がなく、読書に対して苦手意識がある。そんなお声を多くいただきました。
この夏休みに国語力を鍛えるための読書にチャレンジしてみませんか?

 

▼夏休み特別教室はコチラ

 

▼お申込みはこちら

ANDゼミナールお申し込みはこちら

 

それでは、素敵な夏休みをお過ごしくださいませ♪

 


◆お問合せ
メ ー ル:info@and-sem.jp
電  話:03-6860-4021
運営会社:ANDゼミナール(モイライビジネス株式会社)
住  所:〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町1-19-3島村ビル3F
営業時間:15:00~22:00迄(日祝はお休み)

 

◆Facebookページ「ANDゼミナール日本橋人形町校」ぜひ「いいね!」を!
https://www.facebook.com/andsem/
※教育・塾のニュースや、キャンペーン・授業風景・STEM教育・国語・算数・英語など随時更新中♪