日本橋人形町校【ANDゼミナールで何を学ぶか?】


 

こんにちは。
ANDゼミナール(アンドゼミナール)日本橋人形町校の教室長久保田です。

 

沸々と考えることがあります。
習い事は技術や知恵を習う事。
学校(公教育)は…。なんなんでしょうね。
知識や学問と唱える人もいますし、
義務教育は学問を習う場所ではないと唱える方もいますよね。

 

ただ、共通して根幹にあるのは、これから社会に向けての準備期間であり、
学問だけにでなく、道徳も含めた基礎力を高めるためにあると考えます。
子供にとって少し遠い未来の『生きる術を養う教育』なのではと考えています。

 

 

ANDゼミナール日本橋人形町校の教育方針は、
『生きていく、さらには社会で活躍するために必要な解決力と創出力を育てます。』
と唱えています。

 

今回はANDゼミナール(アンドゼミナール)日本橋人形町校で何を学ぶか?
簡単にお伝えすると知識が学べます。
楽しさを通して基礎能力を強化して、ただそこで終わるのではなくその知識をどうやって使うか?
各々がどうしたいか?そんな気づきと体感ができることができます。

 

 

ANDゼミナール日本橋人形町校で扱うプログラミングのステモン。
こちらはものづくり型STEM教育で、理数ITに強い人間を育てます。
もののしくみからSTEM教育を学び、世の中の原理原則を知り、論理的思考や問題解決能力を養います。
レッスンの中でプログラミングがあります。

 


 

私がプログラミング教育に携わってきてSTEM教育から気づき、考えたことをご紹介します。

 

 

『塾』というキーワードはどんなことが求められているのか?
多くは知識を養う場所というニーズが高いと思います。
『塾』は公教育に沿った形や、先を行く学問を学んだり、個別・集団と様々な業態があります。

 

文科省で上げられている2020年からプログラミングが小学校で必修化になるといわれています。
プログラミング教室もここ数年で多く目につくようになりました。

 

プログラミングという新しいジャンルに、新しい教養は保護者様にもお子様にもとても人気があります。
プログラミングは新しい知識を養えます。しかし、それだけで良いのでしょうか?

 

知識というのは社会に出て武器になります。
ただ、せっかく得た知識もその扱い方を見出さなければ勿体ないですよね。
それを磨いて独自性が生まれて自己肯定感も高まります。

 

 

お伝えしいことは、知識・経験は学びの宝庫・財産です。
社会に出て逞しく、楽しく生きる術は自分に自信を持つこと。

 

知識を応用して、自分に「何ができるか」「何がしたいのか」そんな悩みはワクワクします。
ANDゼミナール日本橋人形町校で新しいことを学び、知識を応用できる場として存在しています。

 

ANDゼミナール(アンドゼミナール)日本橋人形町校へお気軽にお問い合わせください。

 


 

◆お問合せ
メ ー ル:info@and-sem.jp
電  話:03-6860-4021
運営会社:ANDゼミナール(モイライビジネス株式会社)
住  所:〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町1-19-3島村ビル3F
営業時間:15:00~22:00迄(日祝はお休み)

◆Facebookページ「ANDゼミナール日本橋人形町校」ぜひ「いいね!」を!
https://www.facebook.com/andsem/
※教育・塾のニュースや、キャンペーン・授業風景・STEM教育・国語・算数・英語など随時更新中♪