小学生の国語(読解)力が低下!効果的な読解力アップの方法とは?

本を読む子ども

こんにちは。
ANDゼミナール(アンドゼミナール)日本橋人形町校教室長の久保田です。
最近暖かくなり、過ごしやすくなりましたね。春もそこまで近づいてきています。

さて、最近目にした記事の中で気になるものを発見しました。それは、「国語力の低下」に関して。国語力(読解力・語彙力)は学力の基礎となる部分なので、しっかりと身につけておきたいもの。
そこで今回は、小学生の国語力低下や国語力・特に読解力アップにおすすめの勉強法などを詳しく取り上げたいと思います。

小学生の国語力(読解力)は低下している?

読解力
3年に一度行われている国際学習到達度調査(2015年実施)によると、読解力に関しては前回より平均的が22点も下がり、順位も4位から8位へと下がっています。
教育者として、これは見過ごせない結果です。というのも、国語の読解力は、他の教科を伸ばすための要ともなるスキル。例えば、算数の問題の意味が理解できなければ、計算式を知っていても解くことができませんよね。国語だけでなく、算数・理科など他の教科をきちんと理解して読み解くには、読解力は必須のスキルなのです。

国語力(読解力)はどうやって養える?

読書
国語の読解力向上には、やはり「読書」がおすすめです。昔から「本を読む子は頭が良い」と言われるように、本を読むことで読解力も高まります。
本好きになれば、物語を楽しみながら読解力だけではなく語彙力も身に付き一石二鳥♪
小学生の頃から、読書の習慣を身につけておきたいですね。

小学生からの効果的な国語力(読解力)アップ方法とは?

読書を楽しむ母と子
しかし、ここで注意したいのが、単に「読み流す読書」ではなく、「書いてある内容をきちんと理解して読書」するということ。
ANDゼミナールで取り扱っている「ことばの学校」では、読書に慣れ親しむだけではなく、読む前・後で本の内容をしっかりと把握できるカリキュラムを組んでいます。読み流すのではなく、きちんと語彙の意味を考え、書いてある内容を理解できる勉強法です。小学生から国語の読解力を育むには理想的な学習方法となっています。
加えて、ANDゼミナールでは、集中力が高まるイスも導入し、子ども達の学習を環境面からもサポートしています。

「ことばの学校」の詳細や体験をしてみたい方は、是非一度ANDゼミナールまで!

今ならお得なキャンペーンを実施中!

▼お問合せ
メ ー ル:info@and-sem.jp
電  話:03-6860-4021
運営会社:ANDゼミナール(モイライビジネス株式会社)
住  所:〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町1-19-3島村ビル3F
営業時間:15:00~22:00迄(日祝はお休み)

◆Facebookページ「ANDゼミナール日本橋人形町校」ぜひ「いいね!」を!
https://www.facebook.com/andsem/
※教育・塾のニュースや、キャンペーン・授業風景・STEM教育・国語・算数・英語など随時更新中♪