ANDゼミナールがプログラミング教育をやる理由

こんにちは。
ANDゼミナール(アンドゼミナール)日本橋人形町校です。
今回はANDゼミナール(アンドゼミナール)のプログラミングについてご紹介いたします。

■文科省が目指す小学校のプログラミング教育

「子供達にコンピュータに意図した処理を行うように指示することができるということを理解、体験させ、その裏側にどのような仕組みが存在し、機能しているのかを気付かせること」
すなわち『プログラミング的思考』を育成することを目的としています。

(文部科学省 小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について より)

■プログラミング教育から身につく能力

プログラミング教育から身につくとされている能力は主に5つの
・物事を抽象化して捉える能力
・物事を分解して理解する能力
・やるべきことを順序立てて考える能力
・ベストな方法かどうかを分析する能力
・方法をほかに置き換えて一般化する能力

になり、これが『プログラミング的思考』(=論理的に考えていく力)なのです。

(日経トレンディネット プログラミング的思考って何?より)

■実際の開発プログラミング手順

実際のプログラミングに際しては下記の手順で行われることが一般的です。
1.要件定義
2.基本設計
3.詳細設計
4.実装
5.単体テスト
6.システムテスト(言い方は色々)
7.ユーザーテスト(言い方は色々)
1.で決めたことを7.でテスト
2.で決めたことを6.でテスト
3.で決めたことを5.でテスト

やりたいことからやり方を決め、やり方の作り込みをした後に、それぞれがちゃんと動くかのテストを行っては手直しをして行くことで、より精度の高いプログラムが完成します。

ANDゼミナール(アンドゼミナール)では、創作する過程で「トライアンドエラー」を繰り返すことによって創造力が身につき、「楽しさ」と「興味」が子供の原動力となり、学ぶことは楽しいというベース作りが築かれ、お子様が色々な経験をすることで「ブレない自信」がつき、チャレンジ精神が芽生える!といった効果が生まれているようです。

 

 

ANDゼミナール(アンドゼミナール)を運営しております、モイライビジネス株式会社ではこの度、AIで育児相談から商品選びまでをサポートするAIアドバイザー機能をリリースしました。

 

 

当校ではプログラミング教育を受けた子供たちが将来、こういった最先端の技術を用いてビジネスに携わっていっていくところまでを目指します。

▼お問合せ
メ ー ル:info@and-sem.jp
電  話:03-6860-4021
運営会社:AND(アンド)ゼミナール(モイライビジネス株式会社)
住  所:〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町1-19-3島村ビル3F
営業時間:平日15:00~22:00迄(土日祝はお休み)

 

◆Facebookページ「ANDゼミナール日本橋人形町校」ぜひ「いいね!」を!
https://www.facebook.com/andsem/
※教育・塾のニュースや、キャンペーン・授業風景・STEM教育・AI数学など随時更新中♪