プログラミング教育の重要性と身につく5つの能力、そして効果

こんにちは。
ANDゼミナール日本橋人形町校 塾講師の菊地です。

前回、「STEM教育に関する母親の意識調査」のアンケート結果をご紹介いたしましたが、

そこからさらに、プログラミング教育がなぜ重要視されているのか、

また、実際に通わせている保護者様の満足度、実感していることなど、

プログラミング教育の効果についてより詳しくお伝えします!

ご質問やもっと詳しくお知りになりたい方は、以下のフォームへお気軽にお越しください★

▼ご質問、体験会のお申込みはコチラ
https://and-sem.jp/

※毎週月~金曜日に実施中(別日程もご相談ください)
※定員がございますのでご希望の方はお早めにご連絡ください。

■プログラミング教育がなぜ重要視されているのか?

2020年に小学校で必修化になるプログラミング教育。

そもそもプログラミングとは何でしょうか??

「プログラム」だと、例えば運動会のプログラムやコンサートのプログラムなど聞き慣れていますよね。

催し物の順番といった意味になります。そして、プログラミングとは、

コンピュータに、「こうしてね」とお願い事をすることをいいます。ただし、コンピュータは人間の言葉

を理解出来ないので、コンピュータが理解できる言葉(プログラミング言語)を使ってお願いをします。

しかし、小学校でプログラミング言語を子供に学ばせる、というものではありません。

文科省が目指す小学校のプログラミング教育は、

「子供達にコンピュータに意図した処理を行うように指示することができるということを理解、体験させ

その裏側にどのような仕組みが存在し、機能しているのかを気付かせること」

すなわち『プログラミング的思考』を育成することを目的としています。

プログラミング教育において身につくとされる、主に5つの能力が

・物事を抽象化して捉える能力
・物事を分解して理解する能力
・やるべきことを順序立てて考える能力
・ベストな方法かどうかを分析する能力
・方法をほかに置き換えて一般化する能力

になり、これが『プログラミング的思考』(=論理的に考えていく力)なのです。
(日経トレンディネット プログラミング的思考って何?より)

こうした能力はものごとの全体を見ることができ、プログラミング的思考により課題を発見・解決できる

力、創造力が鍛えられます。これまで無いような全く新しい能力という事ではなく、今までも重視されて

きているこうした能力が、よりしっかりと発揮できるような教育が求められているのです。

■プログラミング教育の効果

実際プログラミング教室にお子様を通わせている保護者の満足度、実感している効果を見てみましょう。


(株)ジャストシステム様のセルフ型ネットリサーチ「Fastask」での調べによる

「創造力の高まり」

「勉強に意欲的になった」

「自分に自信がついた」

と実感しているお母さん方が約半数!

創作する過程で「トライアンドエラー」を繰り返すことによって創造力が身につき、

「楽しさ」と「興味」が子供の原動力となり、学ぶことは楽しいというベース作りが築かれ、

お子様が色々な経験をすることで「ブレない自信」がつき、チャレンジ精神が芽生える!

といった効果が生まれているように思います。

実際にステモンでも、子供たちのこういった成長を強く感じることがあり、本当に感動させられます。

今やプログラミング教室は、習い事人気第7位に!!

今後、必修化がされればランキングも上がりそうですね。

「社会に出て役立つチカラ」を育てることを目指し、今日も奮闘中です!

▼体験会お申込みはコチラ

HOME


▼お問合せ
メ ー ル:info@and-sem.jp
電  話:03-6860-4021
運営会社:AND(アンド)ゼミナール(モイライビジネス株式会社)
住  所:〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町1-19-3島村ビル3F
営業時間:平日13:00~22:00迄(土日祝はお休み)

◆Facebookページ「ANDゼミナール日本橋人形町校」ぜひ「いいね!」を!
https://www.facebook.com/andsem/
※教育・塾のニュースや、キャンペーン・授業風景・STEM教育・AI数学など随時更新中♪